壷新 -tsuboshin-

日本六古窯のひとつ、近江紫香楽(信楽)。

壷新は寛永時代より陶器を作り続けてきました。

 

価値観やライフスタイルが多様化とともに

スタイルや気分にあったモノに囲まれながら過ごしたいという人が増えています。

同時に、モノを選ぶ視点は有用性や価格だけでなく

安全性やデザイン性に広がっています。

壷新は、そんな「自分らしく毎日の生活を楽しみたい」と考える方々に

お気に入りを提案していきたいと考えています。

 

壷新の商品はスタンダード商品とオーダー商品があります。

これは、お客様のイメージにより添える商品を提案したいという思いからです。

 

興味を持って頂いた方に

永く親しくおつきあいいただける存在となれるよう

日々営みを続けていきたいと思います。

 

代表陶歴  

奥田 國人 陶芸家

 

滋賀県立窯業試験場(ろくろ科、釉薬科)を修了

「ライフスタイルに合わせた商品を提案したい」と、

1981年に有限会社壷新の代表取締役社長に就任する。

1984年から設計家具、レリーフ(壁画)、モニュメントなどを主に手がけるようになる。

総作品数は300点を超え、近年では大手ゼネコンや建築設計事務所とともに

建築に関わる製品を多く手がける。